沿革

 

 1983年6月  伸栄工業株式会社設立

        茨城県千代田町(現 かすみがうら市)にて製造業務開始

        LPボンベのスカート及びシームレスボンベの熱間金型製作

 

 1988年6月  チタン製自動車用アフターパーツ開発、工業化住宅用金物製造(溶接加工)

        自動車/ブランド名『ZEEK』販売(ツインターボに改造)

 

 1990年11月 チタン製品開発・販売

 

 1993年10月 マシニングセンタ新規導入し工業化住宅用部材製造開始

 

 1999年4月   溶接大型圧力容器製造開始

 

 2000年5月   霞ヶ浦浄化研究チームに参加、廃棄LPボンベを利用した植生筏製作

        (ケナフ筏の活用による水の浄化実験開始)

 

 2001年11月 中型マシニングセンタ導入

 

 2002年9月     液晶テレビ用スパッタリングマスク(チタン製)製造開始

 

 2005年7月     真空装置の部品製造開始

 

 2006年3月     真空チャンバーの製造開始

 

 2007年4月     マグネシウム溶接技術の研究開始、マグネシウム試作品(椅子、リヤカー)

 

 2008年10月   木質ペレットストーブの研究に着手(試作品製造)

 

 2009年10月   KES活動を開始

 

 2010年6月     KESステップ2登録

 

 2012年11月   木質ペレット主燃料の大型温風ヒーター『エコマスター』平成24年度茨城県新分野開拓製品として認定

 

 2014年2月     KESステップ2SR活動を開始

 

伸栄工業株式会社      

〒 315-0056

茨城県かすみがうら市上稲吉1751

TEL 029-831-5315

FAX 029-833-0933